これぞイギリス

留守の間に自宅を改装していたので、行く前に詰めた荷物を開け続ける日々が続いております。
ほとんど引越しと同じ労力。
そういうわけでお昼は近所のカフェへ。
おしゃれなカフェではなく、建設現場の労働者がガッチリ食べて行くそういうカフェ。

何を血迷ったか、私はスパゲティボロネーゼを頼んだのですが、破壊的な茹で具合。
茹ですぎるとこんなにスパゲティはまずいのか!
日本の滞在先の近所で食べた1コインランチのボロネーゼ、可もなく不可もなくごくごく普通だと思っていましたが、このボロネーゼに比べると神です。
そして日本の方が安い!
イギリス側で勝ってるのは量だけか?
日本の量の三倍は軽くあります。

イギリスに戻ってきたなあとしみじみ思いました。

このブログの人気の投稿

いつかの年越し 

人種差別初体験

誰かに似た声