投稿

あっという間に8月

イメージ
日本に3ヶ月いたので、どうしてもその失われた3ヶ月が実感として湧かず、え?何故もう8月?というびっくり感が否めない。気分はタイムトラベラー。

ってなことは置いといて、帰ってきたばかりという気分がまだ強いのでこの夏は大きな旅行はせず、車で2時間くらいのところに2泊。

行き先はケントです。といってもケントは広い。


泊まったところはWestwellというところにあるマナーハウス。
プールがあって、スパなどができますが、マッサージより水泳の方が効くのがわかっているのでひたすら泳いでました。

そして近隣にあるナショナルトラストの建物や庭なども見学。

今回初めて訪れたのがあまりにも有名な庭、シシングハースト。
ヴァージニア・ウルフの恋人としても有名なヴィダ・サックビルが夫と共に作り上げた庭です。






花か葉っぱか?不思議な植物。






この城はウィリアム征服王の時代に牢屋だったお城だそうな。

私たちが宿泊したマナーハウスはゴシックっぽく見えるけど19世紀以降に修復されたので実は新しい(といってもイギリス的に)。ちょっと廃墟っぽい庭もそういうのが18〜19世紀にはやっていたので、本当の廃墟ではない。





ウィリアム・モリスが自分のために作った家、レッドハウスも今回初。ロンドンとケントの境界あたりにあるベックリー・ヒースというところにあります。今でこそ周りは住宅地ですが、当時は何もないところで、何故彼はこんなところに家を建てたのかというと、ここはカンタベリーへ行く巡礼者の通る道だったから!モリスは立派な中世オタクですね。
当たり前だけど壁紙は全てウィリアム・モリス。


            モリスとロセッティの手描きの戸棚。

今まで気がつかなかった!

イメージ
うちの猫を引き取った時にレスキューセンタからもらったニットのパッチワークのブランケット。
よくよく見たら......。





拡大したものもつけて見ます。






見えるでしょうか??

猫の足型だった!!

カエターノ

イメージ
行って来ました、カエターノのコンサート!


今まで私が日本に行っているときにロンドンで公演とか、微妙にタイミングが合わなかったのだけれど、今回、カエターノのコンサートないかな〜と検索していたら、向こうの方からお知らせが来たので、購入開始日を待ってチケット購入。
すごいですね、最近の技術。

普通の「あなた、これ好きでしょう?」的な広告はうざいと思っていたけれど、今回は超ありがたかったです。
実は機会があったら早く見に行かないと彼も一生生き続けるわけではないので、と言う不埒なことを考えていたのですが、今年76歳になるカエターノ、あの声も変わらず、すこぶるお元気そう。
彼のお母様は105歳まで生きたそうなので、彼も長生きしそうです。
息子三人を伴って和やかなコンサートでした。

想像していましたがお客さんのブラジル人率超高し。
ベルギーに負けてブラジルは去りましたが、もし勝っていたらコンサート当日が試合になったはず。
ブラジル人は引き裂かれていたことでしょう。
いや、携帯で試合チェックしながらコンサート見ていたかも。

というのも、もちろん会場内では写真、録画録音は禁止なのですが、かなり堂々と撮影、録画録音しているお客さんが多かったです。
あからさまに携帯を高くあげ録画している人は注意されてましたが、携帯使用に関しては緩かったです。
映画や芝居の時と違って、携帯のスイッチ切ってね的なアナウンスもなかったです。入り口には禁止事項が貼ってあったけれど。

私は小心者なのでルールを守ってそういうことをしなかったけど、許されるならしたいのでその気持ちはわかりますです。
しかし、私の隣の席のスーツ着たブラジル人、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと携帯を見ていました。
SNSなどで「今カエターノのコンサート、はぁと」とかではなく、なんか長い文章を読んでいる。
もしかしてお仕事なさっているんですか?

カエターノ、アンコールもしてくれてすごく嬉しかったのですが、後ろの列の女性が一緒になって歌うので、まるで彼女のカラオケ(カラオケじゃないけど)を聞かされている気持ちになってちょっといらっ。
リフのとこだけじゃなくて全部歌うんです。
そして声がでかい。
でも音程は狂ってたりする。
カエターノ愛なのはわかるけど、きつい。

でも、良いコンサートでした。ああ幸せ。



test

これでツインピークスが消えるか??
って、嫌ってるわけじゃないですよ〜。

差がすごい!

イメージ
本日ロンドン18度。
ちょっと寒い。
なんなのこの差。

仮装

イギリス人は仮装好き。

イギリス人の友達のお誕生日に呼ばれたのですが、そのパーティーのテーマは「カツラ」。
なんでもいいからカツラを被ってくるようにということでした。
実は私、アフロのカツラ持ってます。
準備万端です!
と思って悠長に構えていたのですが、前日の夜カツラを出したら、なんと指の隙間からボロボロと崩れていくではないですか。まるで銀弾に打たれたメリー・ベル。
うわあああああああん。
かなり前に買った(しかも安物)ものなので、劣化していたらしい。
急に調達もできず当日カツラなし。
みんなに「あれ〜?アフロじゃないの?」と言われたけどなんで知ってるんだろ?夫がばら撒いたのか?

テーマはあるものの、なければ強制しないという緩さもイギリス的。
でも皆んなここぞとばかりカツラを被ってました。
それも大変イギリス的。

ツインピークス消し

イメージ
無防備に眠る娘の図。