コーヒーを愛する人々

コーヒー豆が切れたので歩いて30分ほどの場所にあるコーヒー屋さんへ行きました。
店の前にホームレスすれすれの人が立っていたので、ぶつからないようにして中へ入りました。
豆を物色していると別のすれすれの人がカウンターで小銭をかき集めながら「アメリカーノ2杯だといくら?」と値段を聞いていました。
かなりのお歳で鼻水もたらしているし、話しかけられたものの何を言ってるのかよくわからないし、大丈夫かな?とちょっと心配したのですが、お店の人が答えると小銭は足りていたらしく二人分のアメリカーノのミルク付きで注文。
私も豆を買って外に出ると先ほどのすれすれの人と一緒に外の席に座ってコーヒーを待っています。

それだけの話なんですが。

そこのコーヒー決して安くはないです。
安さだったらMacとか他のカフェの方が安いはず。
でも、コーヒー飲むんだったらやっぱり美味しい方がいいよね、となんか共感してしまいました。

このブログの人気の投稿

人種差別初体験

いつかの年越し 

誰かに似た声