ネットワーク

....と聞いてピンと来る方は若者ではないはず。
70年代の映画のタイトルです。
ナショナルシアターで本日その芝居を観てきました。主演はブライアン・クランストン。
「ブレイキング・バッド」の主役の人です。
マッカーサーの赤狩りにあったため偽名で映画の脚本を書き、「ローマの休日」でアカデミー賞をとった脚本家を描いた映画「トランボ」でそのトランボを演じてます。
舞台にTV局のセット、左手奥の楽屋とともに、右手奥にキッチン、そしてテーブルがあり、食事付きの券を買った人は舞台上のテーブルで食事しながら見る、という趣向。
テーブルに座っている人はお客さんです。



           何を食べてるんだろうと気になりました。
          空いてるテーブルは役者さんが演技で使います。
テレビ局なので、カメラとスクリーンも多様。面白い舞台でした。
そして、多分視聴覚障害の人のためと思われる字幕スクリーンが左右にあって、助かりました〜。

このブログの人気の投稿

いつかの年越し 

誰かに似た声

人種差別初体験