親バカ

我が家の娘(猫)は時々耳に怪我をして帰ってくる。うちの庭に来る他の猫と喧嘩する模様。
ちょうど動物病院にチェックアップに連れて行くタイミングだったので、先生に「よその猫と喧嘩してるんですが、親(飼い主)としてできることはありますか??喧嘩に加勢するとか」と聞くと、「何もできません」とバッサリ。
だよね〜。
それでも、庭から娘のにゃうううんという情けない声が聞こえて来るので駆けつけると、うちの娘より高みに登ったよその猫がうちの子を威嚇している。
一応、「ここはうちの庭で、これはうちの子で、あんたの家じゃないのよ。仲良くするならいてももいいけど、うちの子いじめるなら帰ってちょうだい」とこんこんと説いてみる。もちろん全く無駄。
あまり歓迎してないのよ〜という気持ちを示そうと引っ掻かれないようにハンガーなどを使って、高みの猫を押しのけようとするが「ふ〜っ」と鼻息荒い猫には全く効かない。
もちろんお他所の子に無体なことをするつもりはないのでそれ以上のことはできず、そのうちうちの子がしおしおと家の中に入ってしまう。
おい待て。もっと頑張れ。あんたの家の庭で他所の子に威張られてもいいのか?情けない〜。
私の加勢は無駄。
先生の言う通りでした。
別の猫は家の中まで入ってきてうちの子のエサ食べちゃうし。
薬を餌に混ぜてあげている時など非常に困ります。

このブログの人気の投稿

人種差別初体験

いつかの年越し 

誰かに似た声