サン・セバスチャン食い倒れの街4

午前中は水族館へ。
魚だけでなく船に関しての展示もあり結構幅広い。

              クラゲはいつも見飽きない。




水族館の後は旧市街のレストランTxokoでティスティングメニューのお昼。

クロスティーニとマスタードマヨ。

ガスパチョと小エビの乗ったブリオッシュ。ガスパチョはスイカ入り。


                 ツナの刺身。

     地元で採れた豆。これは店からのサービス。玉ねぎ入ってた。うっく。

 手長海老。手づかみで食べる。頭も食べるように勧められる。もちろん食べる。半生くらいの火加減でうまし。
  
                 タラののど。
      水族館の後にシーフード食べるのはちょっと変な気持ちです。

アンコウ。


鳩。


アイスとブラマンジェ。


         リコリスのウェハース添えマンゴーシャーベット。

この後にマドレーヌ、チョコのついたマカデミアナッツ、ジャーに入ったソフトチーズもきた。毎回思うのですが、私はデザートは一つでいい。そのぶん塩味の物を増やして〜。


夜はピンチョスめぐりではなく、座って食べたいという息子の主張で、ホテルの近所で単に。                                      

水とシードラはすでに値段に入ってる。


                小さなコロッケ。
                
            前菜はキノコ入りスクランブルエッグ。
          
              メインは牛タンのフライ。


美味しゅうございました。


このブログの人気の投稿

人種差別初体験

いつかの年越し 

誰かに似た声