『カエル戦記』

街中に行く時にこのホテルの横を取るバスのルートを時々使います。 

そのたびに思い出すのが「『カエルの戦い』。

実はこのホテル、旅行者として石渡とロンドンに来た時に泊まったホテルであります。
旅行者のお約束、『リバティー』に行って、石渡はリバティプリントのカエルを購入。
中にはビースが入っていてくたっとした感触のぬいぐるみです。(私はリバティプリントの象を購入。と書くとなんとなく気恥ずかしい乙女な買い物です。というのは一応置いておいて。)

石渡はカエルをベッドサイド・テーブルの上に寝かせてホテルを出たのですが、戻ってくるとそのカエルは上半身を起こして座っておりました。
どうやらお掃除の人がカエルを座らせた模様。
翌日ホテルを出る時に石渡がカエルを寝かせて行くと、帰って来た時はやはり起きているカエル。
どうあってもお掃除の人はカエルを起こして起きたいようでした。
この「寝かせる」vs戦いは滞在中ずっと続き、私は密かに『カエルの戦い』と名付けました。
ものすごくどうでもいいことですが、一生忘れない気がします。
こんなんばっか。

このブログの人気の投稿

人種差別初体験

いつかの年越し 

誰かに似た声