ミラノ2

この日の日中、夫は仕事なので、私は夫の興味のなさそうな買い物へとお出かけ。
実は買い物ってあまり好きではない私。
ミラノ暑いし。
しかし己を叱咤激励して、まず手袋を買いに。
あ、こういうタイトルの絵本がありましたね。


             ウィンドウが可愛い。




サングラスじゃなくてこっちの服の方お土産にもらったらかなり嫌だろうな。


甘いものはあまり興味がないのですが美しいものは別。



          バラがチョコに乗ってます。左はスミレね。



中庭があるのが素敵。



このように建物に蔦が絡まっているところがよく見られました。


 
見た目素敵だけど建物痛まないのか?


買わ(え)ないけど美しい〜。

拡大するとこのような手仕事の細かさがわかります。







ミラノは地下鉄、バス、トラムもあるけれど、結構歩けてしまう距離なので、逆にものすごく歩く羽目に。

ブランドの立ち並ぶ中心地の手袋やさんの後、ブレラという地区の方向へ行き、カフェで休憩。甘いものは夕食のデザートの時以外はあまり食べない私ですが、この店でカヌレもみつけたのでそれも一緒に。ああいうもっちりした食感が私の好みであるらしい。
このカフェは全身がお花やさんだったということで、蛇口付きの水盤とか、店の中にそれらしき気配があります。
店の中の観葉植物もきっちり水やりされていました。





お昼のちょっと前だったので、トイレに行く時、店の人たちの賄いを用意しているテーブルを通りましたが、ズッキーニの花とかあってなかなか美味しそうでした。ここで昼を食べればよかった〜と後ろ髪引かれながら次のポイントへ。
この辺はおしゃれなエリアということで、そこをぶらぶらする予定でしたが、暑いのでぶらぶらが辛い。

すぐにお店に入ってオレンジジュースで休憩。知らないところであれこれ探すのが嫌だったので当たりをつけておいたパン屋さんのカフェだったのですが、外に出たらまだ疲れが抜けていない気がしたのでもう一度同じ店に戻り、そこでお昼を食べることに。

夜にそのくらい食べるのかわからなかったので、軽くサンドイッチにしました。っていうか、昨晩の満腹感がまだ残っていたというのもありました。

外に出たらめちゃめちゃ暑い〜。もう挫けてる。
ロンドンで結構気に入っている店、Cosを見つけたので、ミラノの品揃えは違うかしら?という言い訳で入ってみることにする。
なんだ同じだ〜、足痛い〜、どうしよう〜と店の中でぐちぐち考えていたら、ニューバランスの紙袋を持っているマダームを発見し、図々しく「そのお店はどこにありましたか?」と聞いてみた。

マダム、親切に「ユニ・クレジットの高〜いビルがあってその下のところが広場になっていてそこにNBのお店があるわよ」と教えてくれました。
「ユニ・クレジットってなんだべ?」思いながらも、丁寧にお礼を述べてまた暑い外に出て、おしゃれ街道をいやいや歩いていると、目の前にどーんとたかい「UNI CREDIT」とまさに書いてある高い高いビルが見えるではありませんか!
途端に元気になって、「あそこに行って歩くのに楽な靴を買おう」と塔を目指して歩く私でありました。

近くなると逆に周りのビルに隠れてその高いビルが見えなくなりちょっと焦りましたが、横に回ればまた見えるだろうと歩いて行くとありました!

途中で門も発見。


途中でガイドブックに載っていておしゃれセレクトショップもみつけたので、靴を買ったら後で入ろうと、さらにずんずん歩いて行くと広場に続くらしい広い階段がありました。



よかった。タワー、あった。
そして広場を見回すとNBのショップ(フラッッグショップでした)も見つかりました〜。









もともと白いスニーカーは欲しかったのですが、長距離歩いた後だったので一番軽そうな靴を買って、履いてた靴は袋に入れてもらい、新しい靴をそのまま履いて行くことにしました。
ものすごく楽になりました。

カフェもあるセレクトショップは大変素敵ですが、お値段も素敵。なのでさら〜と見学のみ。



こんなところに御大のお名前が!!



靴と手袋を買ったんで私の買い物の使命は終了(靴は全くイタリア産ではないけれど)、地下鉄でホテルに戻ることにしました。

夜は夫の仕事の関係のディナーに私も混ぜてもらい、ミラノ名物のサフランのリゾット添えのオッソブッコをご馳走になりました。仕事ディナーなので写真はなし。

夜ホテルに戻ったら、BAITトラブルで、ヒースロー、ガトウィックからのBA便が全てキャンセルになったというニュースを聞き、1日ずれていたら危なかったと、胸をなでおろす。私たち、BAだったんです。

が、帰りの便はどうなるのか心配。

このブログの人気の投稿

人種差別初体験

いつかの年越し 

誰かに似た声