ヨルダンの旅1

1、

本日のロンドンの気温は9度でした。
春なのに、もう5月なのに。
暖かい ところから帰って来た身にはさらに堪えます。今回の旅行先はヨルダン。

気候のいいところでゆっくりしたいという夫がしっかりリサーチして、治安状況などもチェックし、まあ安全な国だろうという感触はあったものの、まず、息子に軽〜く反対されました。
ヨルダンは上がシリアと左側にイスラエル、右側に イラクとサウジ・アラビアに囲まれています。
「中東」というだけでなんとな〜く不安な気持ちになる人が多いのではないでしょうか?ヨルダンはそんな割りを食っている国でした。
また、加えて上にシリアがあるというのも息子の不安要素でした。
絶対的な反対ではありませんでしたが、北のほうには絶対行かないでねっ!という息子の強い要望に、 「もちのろんよ」と答えたものの、空港のある首都、アンマン自体どっちかというと北ではありませんか。
これは国境の方には近づくなと言う意味のギリギリの「北」であろうと解釈。

英語を話すドライバー付きの グループ・ツアーなのですが、参加者、私たちだけだったので、プライペート・ツアーに結果としてなりました。

ロンドンからアンマンまで飛行機で5時間ほど。夜の11時過ぎに空港に到着し、 タクシーでハワ・ゲストハウスへ。

アンマンの街は思ったよりも 立派でかなり近代的。道路も非常に良い状態で、途中、六本木のANAホテル付近みたいな感じのところも通りました。
 ゲストハウスはなかなか素敵な建物で、猫があちこちにくつろいでいました。




イスラム式のトイレ(水の出るホースがトイレ内にあり、手動のウォシュレットと思えばいいかも。拭いた紙は流さずゴミ箱に捨てる)だったのでちょい緊張。うっかり紙を流したらどうしようと旅行中ビクビクしておりました。
ゲストハウスに到着したのは12時過ぎだったので、すぐ就寝。


このブログの人気の投稿

人種差別初体験

いつかの年越し 

誰かに似た声